ブックメーカーを他の投資と比較

投資を始めるならどれが良いか

世の中に様々な投資があります。株、FX、先物取引、ビットコインそしてギャンブルでありますが投資の側面のあるブックメーカーなどその種類が多数です。
どの投資を選んでもそれなりの費用はかかることはいなめませんがその初期資金を比較して考えます。

まず多額の投資資金が必要になるのは、株式投資です。
最近では取引単位を下げているとはいえ、最低でも10万円はないと買えるが限定されてきますし、信用取引をしようとすると最低でも100万円の単位で資金が必要です。

先物取引ですが、これも保証金が高額で相場30万円から始めるものもありますが、レバレッジが高いので、少しの変動でも追証といって、追加の保証金が必要になり、非常にリスクの高い投資といえるでしょう。

FXでは、取引の単位によりますが、1万円ぐらいでも開始できますし、レバレッジをうまくつかえば少ない金額でも儲けることも可能で、10万円を1か月で100万円したケースもあります。

ビットコインの場合、最低金額は少額ですが、少額ですと価格があがってもそれほど投資に魅力はないかもしれないですが、ただ今年になってすでに年初よりも6倍以上になりこれからも需要があるので高騰し続けることは間違いないと思われていました。
しかし、相場は安定していなく、2018年1月には暴落してしまいます。

スポーツに賭ける

最後にブックメーカーですが、これも最低資金は1000円ぐらいでも可能ですし、上手くて予想して、その予想パターンを繰り返せば、倍々ゲームに増えていくことも可能です。
たとえばテニスに精通しているならその知識を活用して参加すると勝率がいいということもいえ、ある意味少額で始める投資ともいえます。
好きなスポーツに楽しみながら投資できることは、ブックメーカーのメリットの1つと言えるでしょう。