おすすめしたいブックメーカー投資

ネットでできるブックメーカー

このサイトではブックメーカー(bookmaker)について解説をしています。

ニュースや新聞で目にする海外の「ブックメーカー」と何?
ブックメーカーに投資をしている人がいるがどのような手法で?
日本のサッカーやプロ野球は対象スポーツ?
そもそも日本から投資は可能なのか、入出金や登録の方法は?
ブックメーカー投資でおすすめはどこの会社?

そのような疑問に答える入門的な知識の説明もあります。
まずは、オッズや操作方法の基本から覚えていくことがおすすめです。

ブックメーカー会社はロンドン株式市場に上場している

ブックメーカー他の業種と変わりがないので、上場している会社もあります。
ここでは上場している代表的なブックメーカー2社の概要と特徴について紹介していきます。

ラドブロークス・コーラル(Ladbrokes)
ラドブロークスは業界2番手でしたが、業界3位のコーラルを回収し、業界1位のブックメーカーとなりました。
日本でも有名なヒルトンホテルのグループが運営をしています。

2015年末に日本からは撤退をしているので、日本用のサイトはありません。
また、日本からの撤退と同時に、数か国からも撤退してしまいました。

ラドブロークスで投資をしたいのであれば、英語やポルトガル語、ドイツ語などのサイトを利用しなければなりません。また、入出金も面倒になってしまったので、おすすめはしません。

ウィリアム・ヒル(William Hill)
老舗ブックメーカーなので、日本でも知名度は高いです。
日本語用の専門サイトもあり、操作性に優れています。ホームページをリニューアルするなど、日本に対して大きくアピールをしています。

スポーツの種類、オッズの種類は多くあり、多数の投資が可能です。
ギャンブル感覚で遊ぶのであればいいのですが、本格的な投資となると、おすすめできるブックメーカーではありません。

とても大きなグループで、ヨーロッパ以外にもアメリカや日本に多数のユーザーがいます。

BETS

上記で紹介した2社は、日本からネットで投資するというよりも、ロンドンなどの地域で多数の店舗展開をしています。現地に行ったときに、本場の雰囲気も味わえますし、店舗で遊ぶにはいいでしょう。

ただ、店舗の運営にはコストが必要です。
政府が店舗の掛け金の上限を下げるというニュースが流れた時には、株価が大幅に下落しました。それほど、店舗運営が需要なファクターなのでしょう。

対して、店舗の運営コストや上場維持費が不必要なネット専門のブックメーカーは還元率が高いことが多々あります。

同じ試合で比較してみてください。

例えば、
店舗型のオッズが1.63でしたら、ネット専門は1.69などということは多々起こります。

当然、おすすめできるのはネット専門のブックメーカーということになります。

還元率が高いブックメーカーで投資した方が有利です。
低いオッズでの投資は絶対におすすめしません。
利益重視であれば、もっと還元率の高いブックメーカーは多数あるので、そちらで投資するようにしましょう。